本文へスキップ





 私たち人間の生活は、古くから動物たちと共にありました。食料・衣類の原料として、狩猟のパートナーとして、家族として、動物たちは私たちの暮らしを支えてくれています。絵画の世界に動物が登場したのは、人類が誕生して間もない先史時代です。最古の絵画といわれる洞窟壁画には、野牛、馬、鹿などの動物が描かれており、当時から動物と人間が密接に関わっていたことを物語っています。それから今日に至るまで、動物は絵画の主題として描かれ続けてきました。その生態や特徴から子孫繁栄》《長寿》《平和》などの象徴として大切にされてきた動物もいます。
 本展では、美術館の収蔵作品の中から動物が描かれた作品を約60点展示いたします。ぜひこの機会に、さまざまな技法で表現された動物たちの美しさや愛らしさをご覧いただければ幸いです。

 


会期
2020年(令和2)年8月22日(土)ー 10月11日(日)
開館時間
午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
休館日

月曜日(月曜日が祝日の場合には開館、翌日休館)

観覧料

一般500円/中高生300円/小学生200円
※5月14日(木)は開館記念日のため入館無料      

※土日に限り小中学生は無料 
※20名以上の団体客様2割引
※キッズアートプロジェクトしずおか ミュージアムパスポート利用可
※障害者手帳をお持ちの方、および介助者1名まで100円引(その他割引併用不可)
(1名様1回限り。他の割引との併用はできません。)

●割引はこちら

交通

バス利用→JR東海道線・浜松駅より

      JR浜松駅北口を出て、
      遠州鉄道バス乗り場(12番乗り場)から

      [内野台行]乗車 [元浜町]下車 バス停目の前 (乗車時間は約8分)  

◎車利用→浜松駅よりタクシーで5分  

     東名浜松IC、または浜松西ICから約30分 二俣街道沿い

詳しい交通案内はこちら

主催
公益財団法人平野美術館
後援
浜松市 
特別協賛

株式会社丸八アセットマネージメント

お問い合わせ

公益財団法人平野美術館 
〒430-0942 静岡県浜松市中区元浜町166番地 

TEL.053-474-0811  

主要作品

西野陽一「さけとり」平成19年               栗原幸彦「夏」平成5年               後藤順一「秋茜」平成19年


渡辺崋山「猛虎図」天保9年              歌川芳藤「五拾三次之内猫之怪」嘉永期         長谷川其吉「志ん板猫の湯」明治14年
重要美術品




 このページの先頭へ