本文へスキップ


富士へのあこがれ-静岡県側から見える姿ー


不染鉄「山海図絵-伊豆の追憶-」木下美術館蔵

 

静岡県と山梨県にまたがる「富士山」は、日本の象徴であり、見ただけでありがたい気持ちになる日本人の心のふるさとのような山です。また、その山容はどこから見ても美しく、見る角度・場所によって大きく表情を変えます。特に万葉の時代から知られていた景勝地の三保松原や太平洋から望む風景は、人々に感銘を与え、創作意欲を掻き立て、浮世絵をはじめとした優れた芸術作品のイメージの源泉となってきました。今回の展覧会では、近世から現代に至るまでの静岡県側から見える富士山にスポットを当て、約40点の作品をご紹介致します。ぜひこの機会に私たちが普段見ている太平洋側からの富士山を描いた作品をお楽しみください。



会期
2020年(令和2)年6月13日(土)ー 8月10日(月・祝)会期中展示替えがあります。前期は7月5日まで、後期は7月7日から
開館時間
午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
休館日

月曜日(月曜日が祝日の場合には開館、翌日休館)

観覧料

一般500円/中高生300円/小学生200円
※5月14日(木)は開館記念日のため入館無料      

※土日に限り小中学生は無料 
※20名以上の団体客様2割引
※キッズアートプロジェクトしずおか ミュージアムパスポート利用可
※障害者手帳をお持ちの方、および介助者1名まで100円引(その他割引併用不可)
(1名様1回限り。他の割引との併用はできません。)

●割引はこちら

交通

バス利用→JR東海道線・浜松駅より

      JR浜松駅北口を出て、
      遠州鉄道バス乗り場(12番乗り場)から

      [内野台行]乗車 [元浜町]下車 バス停目の前 (乗車時間は約8分)  

◎車利用→浜松駅よりタクシーで5分  

     東名浜松IC、または浜松西ICから約30分 二俣街道沿い

詳しい交通案内はこちら

主催
公益財団法人平野美術館
後援
静岡県、浜松市 (順不同敬称略)
特別協賛

株式会社平野興産

お問い合わせ

公益財団法人平野美術館 
〒430-0942 静岡県浜松市中区元浜町166番地 

TEL.053-474-0811  

主要作品

大久保一丘「富士三保松原図」1838年(天保9)掛川市二の丸美術館蔵【前期展示】

 
静岡県指定文化財 
村松以弘「白糸瀑図」江戸時代 掛川市二の丸美術館蔵【後期】              三好汝圭「夏冬富士真景図屏風(右隻)」1831年(天保2)平野美術館蔵

 
平川敏夫「冨嶽涛風」1995年(平成7)豊橋市美術博物館蔵               横山大観「霊峰」制作年不明 木下美術館蔵【後期】


奈良市指定文化財
「富士参詣曼荼羅」江戸時代 矢田原第三農家組合蔵【前期】   歌川広重「富士三十六景 伊豆の山中」1858年(安政5) 平野美術館蔵

                                                   
  このページの先頭へ