本文へスキップ

企画展
院展の俊英たち



下村観山「三保富士」大正後期~昭和前期



 日本美術院(院展)は、明治31年(1898)、東京美術学校(現・東京藝術大学)を辞職した岡倉天心を中心に結成されました。新しい日本画を創作していくという高邁な理想のもと、院展は近代画壇を代表する作家を数多く輩出しました。一時衰退する時期もありましたが、岡倉天心没後の大正3年(1914)、横山大観や下村観山らが中心となり再興されます。現在は年に2回「春の院展」「再興院展」と称した公募展を開催し、令和になった今も、新しい絵画への可能性を常に模索し続けています。
 当館の収蔵品は、院展作家を中心に構成されています。本展では、院展の設立に携わった横山大観や菱田春草などの作品をはじめとし、現在の院展を牽引する作家・伊藤髟耳や梅原幸雄、倉島重友らの作品を展示します。ぜひこの機会に、院展の歴史を振り返るとともに、日本画の魅力をご堪能いただければ幸いです。


 


会期
2021年(令和3)年4月3日(土)~5月30日(日)
開館時間
午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
休館日

月曜日(5月3、4、5日休館)

観覧料

一般500円/中高生300円/小学生200円      

※土日に限り小中学生は無料 
※20名以上の団体客様2割引
※キッズアートプロジェクトしずおか ミュージアムパスポート利用可
※障害者手帳をお持ちの方、および介助者1名まで100円引(その他割引併用不可)
(1名様1回限り。他の割引との併用はできません。)


→割引券は
こちら

交通

バス利用→JR東海道線・浜松駅より

      JR浜松駅北口を出て、
      遠州鉄道バス乗り場(12番乗り場)から

      [内野台行]乗車 [元浜町]下車 バス停目の前 (乗車時間は約8分)  

◎車利用→浜松駅よりタクシーで5分  

      東名浜松IC、または浜松西ICから約30分 二俣街道沿い

詳しい交通案内はこちら

主催
公益財団法人平野美術館                                               
後援
浜松市 
特別協賛

株式会社丸八アセットマネージメント

お問い合わせ

公益財団法人平野美術館 
〒430-0942 静岡県浜松市中区元浜町166番地 

TEL.053-474-0811  

主要作品
    
 菱田春草「暁色」明治後期       横山大観「皓月」明治38年頃            西郷孤月「雪景山水」明治後期

   
 伊藤髟耳「乗」昭和56年                  安惠隆司「待つ」令和元年                富田渓仙「石山秋月」昭和10年頃

   
 岡田眞治「黄昏」平成13年                   國司華子「ソレ・ゾレ」平成13              倉島重友「虹」昭和61


  


 このページの先頭へ