本文へスキップ

栗原幸彦展
ー同時開催もう一人の私展ー



8月24日(土)~10月14日(月・祝)

 栗原幸彦は、昭和26(1951)静岡県浜松市中区北寺島町に生まれました。多摩美術大学日本画科を卒業後、松尾敏男に師事し、院展を中心に数多くの公募展に作品を発表しました。昭和55(1980) 、「幽寂」が第2回中日展中日大賞を受賞、昭和60(1985)、「朗」で浜松私のイメージ展大賞を受賞するなど数多くの業績を上げていきます。しかしその後作家は、公募展を離れ、あえて無所属という困難な道を探り始めます。そして、豊かな自然に囲まれた浜松市北区滝沢町にアトリエを構え、自ら飼育している動物達の愛らしい姿や四季折々の風景をモチーフに数多くの作品を創りあげています。栗原は、膨大なデッサンを繰り返し描くうちに、対象の本質を把握し、日本画の新境地を切り開きました。
 本展では、作家の初期の作品から今日に至るまで優品約30点を展示し作家の画業を振り返ります。ぜひこの機会に、地元・浜松を代表する日本画家の真摯な作品に接していただければ幸いです。

 

■開催概要

会期
2019年(令和元)8月24日(土)~10月14日(月・祝)
開館時間
午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
休館日

月曜日(月曜日が祝日の場合には開館、翌日休館)

観覧料

一般500円/中高生300円/小学生200円      

※土日に限り小中学生は無料 
※20名以上の団体客様2割引
※キッズアートプロジェクトしずおか ミュージアムパスポート利用可
※障害者手帳をお持ちの方、および介助者1名まで100円引(その他割引併用不可)
(1名様1回限り。他の割引との併用はできません。)

割引券はこちら

交通

バス利用→JR東海道線・浜松駅より

      JR浜松駅北口を出て、
      遠州鉄道バス乗り場(12番乗り場)から

      [内野台行]乗車 [元浜町]下車 バス停目の前 (乗車時間は約8分)  

◎車利用→浜松駅よりタクシーで5分  

     東名浜松IC、または浜松西ICから約30分 二俣街道沿い

詳しい交通案内はこちら

主催
公益財団法人平野美術館
後援
浜松市
特別協賛
株式会社丸八アセットマネージメント      
お問い合わせ

公益財団法人平野美術館 
〒430-0942 静岡県浜松市中区元浜町166番地 

TEL.053-474-0811  


●主な展示作品● 
                   

「薄墨欄春」 平成19年                         「田植え前」 平成7年 浜松市美術館蔵
  
「秋草図」 平成7年                              「幽玄」 平成18年
 
「初冠雪不二」 平成28年                               「俺達ボルゾイ」 平成28年
   
 
「花影」 平成26年                    「朗」 昭和59年                   「緑陰」 平成26年            

「墨龍」 平成29年


●全館撮影可能です


                                                                   このページの先頭へ